胆のうとは

胆のうは胆汁を溜めておく場所です。胆汁は肝臓で作られる液体で、脂肪の消化に必要とされています。緑色の液体で、1日に1リットル程の量が作られているのです。胆のうは肝臓や十二指腸、膵臓などとつながっています。

転移

がんは転移しやすい病気なので、早期発見が必要になります。素早く発見して治療を施せば、転移を防ぐことができるでしょう。胆のうは他の臓器とも接しているので、素早く治療するようにしましょう。

もっと詳しく知りたい方に

ドクター

治療について

胆のうがんの治療方法は様々です。手術や抗がん剤治療などの方法があります。このページでは治療方法について紹介しているので、さっそくチェックしておきましょう。治療をする場合、役に立つでしょう。

READ MORE
女医と看護師

クリニックの選び方

胆のうがんを治療する場合、クリニック選びが大切になってきます。優秀なクリニックを選べるようになりましょう。クリニックを選ぶ際に必要な知識やポイントをこのページで紹介しているので、チェックしておくことが大切です。

READ MORE
診察

再発防止

がんは再発するリスクがある病気です。再発予防に務める必要があるでしょう。胆のうがんを再発させないための方法は、このページで勉強することができます。再発予防に関して調べてみましょう。

READ MORE
白衣の人

費用について

治療に必要な費用を説明しているページです。大体どのくらいの費用が必要なのか知っておく必要があります。費用を用意する際にとても役に立つでしょう。費用を比較してみることが重要になるのです。

READ MORE

よくある質問

治療の効果を高める方法は?

抗がん剤治療をしている場合、免疫療法を行なうことで治療の効果を高めることができるでしょう。また、温熱療法なども、抗がん剤治療をサポートしてくれる役割があります。医師と相談しながら免疫療法や温熱療法を取り入れてみましょう。

手術後に抗がん剤治療をするべき?

がんの進行具合によっては、再発予防の為に抗がん剤治療を施すことがあるでしょう。また、抗がん剤治療をせずに、治療後の経過を見守る方もいるのです。この場合は、抗がん剤治療ではなく免疫療法などを行う場合もあるでしょう。

抗がん剤治療をやめることはできる?

がんのステージが高くなると、抗がん剤治療を受けることが多くなります。副作用の影響を受けやすくなってしまうこともあるでしょう。この場合は、免疫療法に切り替える事も可能です。免疫療法や温熱療法なら副作用の心配もないと言えます。

胆石がある場合、がんになりやすい?

既に胆のうがんになっている場合は、胆石ができる可能性が高いと言われています。ですが、胆石があるからといって、がんの発生率が上がってしまうことはないでしょう。ですが、陶器様胆嚢の場合はがんを併発させてしまう可能性があります。

ポリープががんになる可能性は?

胆のうにポリープができてしまうことがあります。コレステロール性ポリープの場合は、がんになる可能性は低いと言われているので安心でしょう。また、炎症性ポリープも同様にがんになる可能性は低いのです。直ちにがんになることはないでしょう。

「PR」
胆のうがんを無かったことに。
病気を撃退!快適な毎日を過ごす。梅田クリニック身体の調子を整えよう!安全性の高い治療を提供☆

胆のうがんについて知ろう

ドクター
胆のうにできる 胆のうがんとは、胆のうにできるがんのことです。胆管には十二指腸へ胆汁を流す管があり、その隣に胆汁を溜めるための臓器があります。これが胆のうです。胆のうにがんができると、胆管が塞がれてしまいます。
原因 胆のうがんは女性に多い病気と言われています。また、70代くらいの女性に最も多く、加齢が原因とされているのです。そして、生まれつき膵胆管合流異常がある場合は、膵液が逆流しやすく胆のうがんにかかりやすいともいわれています。
胆石を合併 胆のうがんになると胆石ができやすくなります。胆嚢癌を患った方の60パーセントから70パーセント程の患者が胆石を合併させているのです。基本的に胆石から胆のうがんになる確率は低いでしょう。
症状 がんの大きさに関わらず、黄疸が出るでしょう。皮膚や白目が黄色くなるのが黄疸です。尿も茶色くなります。また、便の色が白くなるでしょう。また、全身に痒みも出てくるでしょう。
検査 一般的に超音波検査を行ないます。胆石がなければ、がんのみを描出することができるでしょう。また、胆管を描出することで、がんを発見することができるのです。CTスキャンやMRIで検査します。
広告募集中